特徴を知ろう

弁護士

故人の残した遺産は、必ず相続しなければならないかといったら決してそういうわけではなく、相続放棄することも可能です。遺産はどれだけもらえるのかということを気にしてしまうことも少なくありませんが、実は故人が残した借金も忘れてはなりません。相続は遺産だけが対象になっているのではなく、借金ももちろんその対象となっており、どちらかだけ相続するということはできません。しかし相続を放棄すれば、たしかに遺産を受け取ることもできませんが、借金も相続しなくても済むため、この選択をするほうが良い場合もあります。ただ、放棄しますと宣言すれば簡単にできるわけではなく、実際には家庭裁判所への申し出が必要となり、さらに手続きを正しくおこなう必要もあります。基本的には相続があったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出、その際は所轄の家庭裁判所に申し出るようにします。手続にはいろいろな書類を提出する必要があり、相続放棄申述書、戸籍関係書類などを用意しておこないますが、よくわからない場合は弁護士などに相談するほうが無難です。

トラブルを避けたい場合

離婚届

相続は遺産だけでなく借金も受け継ぐことになってしまうだけでなく、何らかのトラブルが発生してしまう可能性もあります。そのため、余計な借金を抱えないためとか、トラブルを避けるために相続放棄を利用することはできるようになっています。そのため、現在ではあえて相続放棄の手続きをするという人も決して少なくなく、弁護士などに相談するだけでなく自分でもおこなうことは可能です。ただ、故人が遺産を残しているということが明らかな場合でも、絶対に相続放棄しなければならないというわけではありません。実際にはその財産の内容を見てから放棄するかどうかというのを決めることもできるようになっています。つまり、後からトラブルになりそうだったら手続きをおこなう、トラブルにならなさそうだったらそのまま相続すると決めることも可能です。したがって、相続放棄という制度自体は、遺産に関係する余計なトラブルや借金を引き継がなくても済むようにするために活用できる制度です。もちろん放棄したからといって全てものものが受け取れなくなるわけではなく、生命保険金や遺族年金などは受け取ることができるようになっています。だから、自分が損してしまうような、またあまりにも価値が低いものを相続したくないというときにも、相続放棄は活用できます。また、遺産分割協議にも参加しなくて済むようになるので、親族と付き合いがないというときにも活用できる制度です。

広告募集中